読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIMA3 開催のご案内

Haskell

第3回 HIMA(Haskell Internet Meeting Anytime)を12月13日(日) 19:00〜22:00 に開催いたします.HIMAはHaskellプログラミングに興味をもつ人が,とりとめなく,おしゃべりをするという会です.一応のお題はありますが,Haskellの知識経験の有無深浅にかかわらず,興味のあるかたはご参加ください.もちろん,ROMあり,茶々ありです.今回は以下の要領で開催します.

  • 名称: HIMA 3
  • 日時: 2009年12月13日(日曜日) 19:00〜22:00
  • 場所: http://chaton.haskell.jp/hima/ (開始30分前にOPEN)
  • 幹事: nobsun
  • お題: 「副作用」
  • 動機: 「Haskellには副作用がないので並列プログラミングに適する」という宣伝がある一方で,命令プログラマによってくりかえされる質問に「Haskellには副作用がないのにどうしてゲームが書けるのか」というのがあります.これに納得のいく説明というのを聞いたことがない気がしています.どのような説明なら,質問者も回答者も納得できるでしょうか.